新規登録


新規登録
漫画トーンジェネレーター
それでも太陽は赤く染まる!第1
作品情報
ちぃネーム

ワタリドリ

タイトル それでも太陽は赤く染まる!第16回「土曜日の朝!」
説明文 イラスト小説「それでも太陽は赤く染まる!」の続きです。今回は第2章開始と言う事でカラーの水彩画の絵の具にチャレンジしてみました。小学生以来、あまり使ってこなかったのでにじんだりと苦戦しましたがなんとか無事塗り終わりました。
ひとし、朝っぱらから寝ぐせ立っています。皆様、今後ともひとし共々よろしくお願いいたします。<(_ _)>

第16回 「土曜日の朝!」

昨夜遅くに帰宅した姉の職場での恋愛トラブルのいざこざ話しに、つい首を突っ込み巻き込まれて寝不足気味のひとし。(-_-)zzz

職場ついでの姉に早朝にたたき起こされたひとしは不機嫌そうな顔つきです。
学校休みの土曜日は10時からそろばんと同じ学習塾で習字の習い事があるので出来ればそれまではゆっくりと眠っていたいのがひとしの希望なのだが・・・。

そろばんの荒川先生は教員免許や珠算暗算検定、様々な資格も沢山持っていて、そろばん、習字、小中の各教科の学習等幅広く教えていた。
月、水、金はそろばん、土曜はお習字とひとしが習字にも通っている理由はただ、ふたつ以上習えば塾の授業料が割引で安くなるからという母の絹代のせこい考えが大幅にあってどちらかと言えばそろばんも含めて通わされているという感覚がひとしには強かった。

けどそのおかげもあって後輩のさやかとも出会えて仲良くなれたわけでもあるので、今となってはまんざら嫌な事ばかりじゃなかったと後悔はあまりしていないよ様子だ。小5の頃からずっと通い続けてそれなりに他校の生徒とも気さくに話せるようになったひとし。ただ、そろばんの試験は級が上がるたびに何度もすべったりしてそのつど絹代に試験料がもったいないとどやされる事はしょっちゅうで神経をすり減らす出来事は避けたいと落ちた通知は学校のテストと同じように隠してばかりいてごまかしていた。
どのみち最後はしかられるのだが・・・。ひぃ~!(>_<)

窓の外は珍しく雲ひとつない、てっかてかの青空がまぶしいのに、ひとしは訳ありで夜中に平らげた湯豆腐とポン酢の味が口の中で微妙に感覚が残っていて食欲がそんなになかった。

台所ではすでに着替えて朝食を食べ終えていた父親の邦久がコーヒーカップをテーブルにソファーでくつろぎながらテレビをみていた。

邦久、あくびをして台所にやってきたひとしに気づくと・・・。

邦久
「ひとしも食うならついでに焼くぞ!(^ω^)」

ひとしの返事も待たずに、気を利かせた邦久がすかさず袋から姉の分と合わせ食パンを2枚取り出すとまだかすかに熱の残った白い小型式のオーブントースターの中に並べる・・・。

邦久、いつもの穏やかなあどけた口調で・・・。

邦久
「トースター最近調子悪いで、ちゃんと焦がつかさんように見とれよ!チンゆう前に焦げるかもしれんで・・・。\(^o^)/」
そう言い残してひと足早く仕事にさっそうと出かけていった。

父の床屋の職場は最近まで近所の20分くらいで自転車で行ける距離の所にあったのだが、一緒に働いていた相方の店長が近頃突然、燃え尽き症候群といういわゆる現代の流行り病の病気にかかってしまったらしく店を開けて継続して行く事が困難になり仕方なく邦久は店長の知り合いのいるという金山の方にある床屋まで通わなければいかなくなった。

気さくな性格でもあった邦久はひとしと違って接客好きな所もあり顔なじみなって会いに来る常連客も多かったのだが店長である社長がかなりうつ状態の症状も激しかったためどうしても邦久ひとりに任せる事は出来ないから閉めるとかたくなに聞かなかったそうだ。((+_+))

金山の店舗には駐車場もなく、最初は(;´д`)トホホと電車通勤に慣れてなかった邦久だったが今はだいぶ早起きも慣れて余裕な表情が目立ってきた。

ただ、今の職場では駅近の周辺のせいか客の出入りが激しくて他の何人かの従業員さんと一緒に慌ただしい毎日だと夜ビールを飲んではあか抜けた顔でぼやいている今日この頃。もちろん家族に対して絹代達のように不機嫌な顔でいばらない所はひとしもすごく尊敬している。

ひとしが目をこすりながら洗面所で一生懸命身支度をしている美穂が出てくるのをあくびをしながら待つようにソファーに座り込むと、台所には熱気あふれるオーブントースターのタイマー音とテレビのニュースキャスターのアナウンサーの声だけが静かな部屋に響いていた。

我が家では、ずぼらな母の絹代が朝は寝ていて朝ごはんもほとんど準備することもないのが日っかになっているせいか邦久も姉の美穂も必然とご飯の用意をする手際が良かった。
とは言っても、慌ただしい朝、食パンを焼いて夕べに残ったおかず、なければ、フライパンでウインナーをサラダ油で軽く炒めるていどの朝食なので、決してゴージャスというわけではない。これはたとえ母の絹代が起きていたとしても家事嫌いな事もあり同じような軽食、あるいはそれ以下になってしまうのが目にみえてているのだが・・・。お恥ずかしい。((+_+))

父の飲みかけのコーヒーカップを眺めながらフウ~ッとソファーにもたれて一息つくひとし。

働き出して好きな人が出来てからか、美穂は急に髪型などの身だしなみに意識をして時間をかけだした。

ひとしがパジャマ姿のままで冷えたのか急にそわそわしだすと、洗面所からようやく顔を洗い流すような水の流れる音が聞こえてきた。トイレと共同になっている住宅上の洗面所の造りのせいもありこうゆう時、待たされる方は本当に嫌だとひとしはいつも度々不満をもらしていた。

すると、ひとしのそんな状況にもかかわらず洗面所からの洗い流す水の音と一緒に美穂の声が・・・。美穂、泡だらけの顔を少しずつ鏡を見ながら水をかけるように・・・。

美穂
「ひとし、あんたそういえば、定期検診のはがきが来てなかったっけ?3月の終わりごろに・・・。\(・o・)/」

ひとし、少し不機嫌なおおきめの声で・・・。

ひとし
「うん?(-_-メ)」

気にせず洗面所の中からマイペースにしゃべり続ける美穂・・・。

美穂
「あんたの行ってる中野歯科ってヤブだけど確か土曜日は午前中だけやっていたでしょ!( ̄д ̄)」

ひとし、さらにトイレが近くなり眉間にしわを寄せ出して・・・。

ひとし
「そうだっけ!(`〇´)」

美穂、タオルで顔を拭くと、次は鏡大を開いて中からパーマを取り出して。

美穂
「せっかく早起きしたんだし、習字の前についでに行って来たら?あそこめずらしく予約とかいらないから気軽に出入りもしやすいでしょ。利用者も年配の人が、平日ちらほら見かけるくらいで少ないし。まあ、ヤブだから仕方ないのかもしれないけど・・・。( ̄д ̄)」

ひとし、ひとし足をガタガタと床をならしてしびれを切らしだしたような少し大きな口調で・・・。

ひとし
「最近はなんか息子さんがあとを継ぎ出して繁盛しだしたってお母さんが言ってたよ。(`〇´)パートの綺麗な女の助手さんもいるって・・・。」

美穂、マイペースをやめずパーマのえきすを指で髪を丁寧にしけらせながら。

美穂
「そうなの?(◎o◎)!だったらなおさら早くみてもらいなさいよ!あんた甘いもん好きだし歯磨きも適当であんま磨けてないじゃん。( ̄д ̄)今は名古屋市の何とか制度っていうのがあるから小中学生は医療費がただなんでしょ!うらやましいわ。障害者手帳とかの援助を受けてるあたしが言うのもなんだけど・・・。」

ひとし、すでに怒りの興奮をため込んで何も言えない様子です・・・。

美穂
「でも、てんかんとかの精神疾患て判定がすごく難しいらしくてさ、なかなか手帳さえももらえなくて苦労してる人、うわさでも病院内でちょくちょく耳にするわ。(-_-)あたしは小さい頃から度々病院に通院して薬とかもらったりして結構恵まれている立場だったけどさ・・・。それでも薬が合わなくて何度もあの世に行かされかけた事もあったりして生きてきたってゆうか・・・。結局なんか国のお荷物って言われてるみたいで正直いい気分はしなかったな、あんまり。まあ、ひとしたちのその医療制度もなにかしらの税金で成り立ってるんだろうからどっちもどっちって感じだけどさ・・・ちょっと!聞いてる?\(゚□゚)/!」

ひとし、ついにトイレの限界がきたのかさけぶようにガンガンと地団駄を踏んで・・・。

ひとし
「うん!聞いてるよちゃんと~!\(`〇´)/どうでもいいからはやくしてよねもう!本当これだから朝お姉ちゃんに起こされるの嫌なんだよ。いっつも人の事考えないでもたもた洗面所の中立てこもってさあ~!あげくに無駄話しまで持ち掛けたりして、たいがいにして欲しいよマジで。膀胱破裂しちゃうじゃんかあ~!\(⊳〇⊲)/」

美穂、ひとしの態度に怒ったように途中やりのパーマで、まるでにわとりのとさかのような頭でドアから顔をのぞかせて・・・。

美穂
「何よ!(⊳Д⊲)怒んなくたっていいでしょ!トイレ行きたいんだったらさっさと勝手に入ればいいじゃないの!たかが、ちびりそうなぐらいでガタガタ大げさにわめいたりなんかして、男らしくもない!それに、どうせ着替えのついでなんだし漏らしたってパンツの替えくらい、いくらでもあるでしょうが!(#⊳Д⊲)」

ひとし
「はあ~!\(⊳〇⊲)/なんで僕がお姉ちゃんの犠牲で、そんな恥ずかしい思いしなくちゃいけないんだよ~!しょうもない事で手間ひまかけてるだけのくせしてさあ~!だれも見たくないよ!そんな自己中でセットした顔や頭なんか!ったく、ちびっちゃえなんて発作持ちのお姉ちゃんと一緒にしな・・・。」

急に何かを思いとどまるかのように表情が変わったひとし・・・。

どうやら姉が、小さい頃発作がひどかった時そのたびに痙攣と一緒におしっこを漏らして周りからからかわれていた事をふいに思い出したようだ。

美穂、またマイペースに戻りパーマがけが終わった髪をくしでとぎながらイライラ顔で洗面所から出てきて・・・。

美穂
「何よ!あたしの発作が何だってのよ!関係ないでしょ今そんな話!(#⊳Д⊲)」

その顔にはこれ以上文句を言ったら締め上げるぞとばかりの鋭い視線をしていた。

変に罪悪感を感じてしまってか、それにこのまま美穂をさらに逆上させてしまうのもらちがあかないとも思ったのか、いずれにしても今はそんなことより爆発すんぜんのこの膀胱の状況をなんとかしたいのが必死だったひとしはまずは自分の身の安全をと、のどまで危うく出しかかっていた続きの「てんかん発作持ちのしょんべんちびり女が」という鬼畜発言的な言葉をぎりぎりで飲み込むように消去した。

ひとし
「もうどうだっていいよ、お姉ちゃん部屋中パーマ臭いよ!(-_-)」

ひとしはなんだか大人になったな~僕も。と、ひとり自己満足で冷静に深呼吸をするとソファーから立ち上がり速足で美穂の出てきた洗面所へと向かっていった。

・・・がその時いきなりイライラ顔だった美穂が突然何かに取り乱したように声が甲高く裏返って・・・

美穂
「ちょ、ちょっと!ひとし~!?\(☆Д☆)/!?」

姉のその異常な反応にとっさにうん?とつられるように無表情で振り向いたひとしは思わずその光景に目の前が真っ白になった。

オーブントースターの中では不気味なタイマー音と共にメラメラと炎に包まれるように燃え上がっている二枚の食パンが熱い熱いと悲鳴を上げていた。

ひとし
「わあ~!?Σ(゚Д゚)」

ひとし、とたんに尿意もモヤモヤの感情もどこかにぶっ飛んだように、目を見開いて急いでタイマーを止めようと走り出した。

が・・・ひとしの行動も虚しく次の瞬間・・・。「ボオーーーン!」とねじが弾けたような低い爆発音と共にトースターの中から熱い熱気の黒けむりがふき出した。

パンの焦げた炭のような独特な香りの塊が一瞬室内を散るように包み込んで、そしてきえた。!\(゚□゚)/\(゚〇゚)/!

その光景をしばらくまるで魂を抜かれたように呆然と眺めていたひとしたちだったが、やがて「シューーーッ!」と何事もなかったかのようにトースターの湯煙りとほぼ同時に「チーーーン!」と金属系のタイマー音が切れ、部屋中が静まり返って行った。

そしていつのまにかついていたテレビがCМにかわり無音の室内に語りかけるようにわびしい声が響き渡った。

テレビⅭⅯ
「家電製品フェニックスより販売されている小型オーブントースターからの引火爆発による事故がおととい発生いたしました。いつもお買い上げいただいておられる皆様には大変深くお詫び申し上げます。被害が拡大しないうちに早急に商品の回収を心掛けております。お心当たりのあられるお方はただちにご使用を中止して・・・。」
タグ
投稿日 2017年05月14日
22:04:59

ワタリドリさんの新着お絵かき/イラスト

ほのぼのホームコメディー!(ソ 必殺すいか殺し! お盆の夜に! ほのぼのホームコメディー!(ソ
ほのぼのホームコメディー!(ソ 必殺すいか殺し! お盆の夜に! ほのぼのホームコメディー!(ソ

もっと見る

外部に公開されていないたくさんのイラストや日記があります。

イラストや日記をもっと読むためには、会員登録(無料)が必要です。