新規登録


新規登録
漫画効果プラグイン
それでも太陽は赤く染まる!第2
作品情報
ちぃネーム

ワタリドリ

タイトル それでも太陽は赤く染まる!第23回「アクアリウムの世界!」
説明文 イラスト小説「それでも太陽は赤く染まる!」の続きです。版画を用いています。よろしくお願いいたします。<(_ _)>

騒々しかった習字も終わって美咲と別れ、その後も母のいる家に帰る気になれなかったひとしはコンビニのおにぎりで軽く昼食を済ませ、あてもなくぶらぶらしながら鶴舞図書館にたどり着き、うらない本などを見て暇を持て余していた・・・。

第23回「アクアリウムの世界!」

図書館でさんざん時間をつぶして最後にトイレによってひとしだったが、まだすぐ目前の鶴舞公園にみえる時計が3時半で家に帰るにはかなりの中途半端な時間に感じた。

また母から、「昼ご飯も食べずにどこほつき歩いとったんや!」と言われるのがおちだなと分かっていた分、いやそれ以上にトースターの爆発の後始末を母がどんな怖い顔でしていると想像した方が憂鬱で胸が痛み、ひとしの頭の思考回路が行き場を失って同じところをぐるぐる回って煙火寸前になる。

ひとし
「ちょっと遅くなるかもだけど、大須の熱帯魚屋よってこうかな!(-_-)やっぱどうせお母さんにしかられるなら、お姉ちゃんやお父さんが一緒にいた方が気がまぎれるし、今帰ったら僕だけ集中攻撃でがなられて地獄だよ絶対!(+_+)」

ひとしはため息交じりにつぶやきながら自転車にまたがると栄の大須方面にためらわず走り出した。
ペダルを漕ぎ出すとなんか、さっきよりも前のタイヤがごとごととするような変な感触の違和感を覚えながらもひとしは気にせずゆっくりと無表情で進んで行く!

そしてぶらぶらと走らせてまもなく大須の熱帯魚屋に到着した時にはもうお日さまの色も少しオレンジ色になりかかっていた。
栄にめんしてるせいか人通りも多く駐輪や駐車場もなかったため、ひとしは自転車を邪魔にならないように歩道の端に止める。

見上げると大きなエンゼルフィッシュの描かれた看板がやわらかく店のムードを出している。(フィッシュセンター大須館)

さほど大きくないお店だけど店内に入るといたるところが水槽で埋め尽くされ外との世界観がいっきに一変した。入ってすぐ真横にある巨大水槽にはアマゾンで有名なアロアナや1メートルくらいの古代魚たちがゆったりとこちらをのぞくように泳ぎ回りひとしを出迎えてくれた。ちょろちょろと水流の流れるモーター音がすごく心地よく耳にこだました。

そのおかげか、さっきまで、浮かない顔だったひとしの瞳にも一瞬元気が戻ったように心もゆっくりとだがやわらいでゆくのが感じられた。

普段は父とたまに車で一緒にくる所なのだが、道を覚えるようになってからは、ひとつの居場所として、ひとしも時間を見つけては自転車でくるようになっていた。

最近は金魚に凝りだして熱帯魚からはだいぶ離れていたが、以前はエンゼルやグラミー等おしゃれな魚も家の水槽で何匹か飼っていたのだ。ある日、冬にヒーターが壊れてしまい全滅してしまってからはやっぱり自然の温度で飼える魚の方が楽かもと開き直るまでは・・・。でも本当は死んじゃった事がすごく悲しくて悔しくてしばらくはやり場のない恨みを父にあたったりしてろくに口もきこうとしなかった。

ゆったりと時間が流れる中、春の大感謝祭と特売の値段で表示された熱帯魚たちをひとしはちょっと当事を思い出したのか、くやしそうに眺めていた。
小さくて鮮やかなひれのグッピーや大きくてワイルドな顔のオスカーまで、しばらくひとしは心を奪われたように魅せられていたがやはりどこかで時間だけは気にしていたのか、途中できょろきょろと時計を探す。

ふいに後ろを向くと、大きな水の溢れるすいそうに無数に白っぽい奇妙な生き物が・・・。

ひとしが近づくと四方八方にちらばるように泳ぎ出す。

アフリカツメガエルと書かれていたそれは、ひとしの目にはすごく可愛くみえた。餌用で一匹80円と結構安値で表示されていてひとしは「わあ~、\(◎o◎)/!」っとカエルにも値段にも感動したのか急に晴々とした表情に変わっていった。

確かこのカエル、理科の教科書に生体実験でのっていたやつだ・・・。

ひとし、何だか、ひとめぼれしたように表情が明るくなって・・・。

ひとし
「これなら、家で飼えるかな、4、5センチくらいだから金魚と入れても大丈夫だよね!」

ひとしはじっくりと眺めたあと、奥で水槽の掃除をしていた若い男性店員さんらしき人に速足で頼みに行った。20代後半ぐらいの髪は茶髪にピアスだけどあごひげはやしてあたたかいオーラを感じる。来た時はだいたいあと2、3人の若い女性スタッフやおじさんの店員もいるけど今日はめずらしくひとりの店番のようだった。

いつも父と一緒に来るときもあってる人だからちょっと親しみの感じがあったが向こうは別に変った表情は見せずに「何匹ほしいの!」と穏やかに接してくれた。
ひとしはかなり気分が上昇していたせいかめずらしく大きめな声でいろいろと質問してみる。

ひとし
「これって、金魚と入れても大丈夫ですよね!(*^_^*)」

男性店員、網と器を持ってこちらに向かってきて、曇りのない表情で・・・。

男性店員
「まあ、もともとアロアナとかの大型魚の餌なので金魚の方がこれより大きかったら別に一緒に入れても問題ないと思いますよ。小さいと逆に金魚の方が食べられちゃうかもしれないっすけど。(^ω^)」

所々ヤンキーっぽい言葉を交えてくるが、声のトーンには客に対するぬくもりがあった。凶暴な梶谷先輩とはだいぶ違った。

ひとしは今学校で使ってる教科書で確かツメガエルの生体観察のページがあったのを思い出して・・・。

ひとし
「えさはやっぱパンとかの耳の方が喜びますか!理科の教科書で両手で口で放り込むように食べてたの見たので・・・。\(◎o◎)/!」

店員さん、少し考え込むように・・・。

店員さん
「うう~ん!基本イトミミズとか肉食の方が栄養がしっかりと取れるから、丈夫にしたかったらそっちのほうがいいっすね!パンも食べん事はないけど・・・。バランスがいまいちね・・・。( ̄д ̄)」

ひとし、その言葉を聞いて少しだけ気分が上昇から落ち着きに変わったようだが・・・。父が熱帯魚の時冷凍赤虫と一緒に乾燥フレーク用のイトミミズを買っていたのを思い出した。

ひとし
「(あれ確か、まだ家に残ってたかな~。(-_-))」

店員さん
「それとまだ寒いからヒーターもあったほうがいいかもしれないね、もとはアフリカに住んでるやつだから!まあ、部屋があったかいならいいけど。基本は丈夫といっちゃ丈夫ですけど・・・。やっぱりちゃんと育てたいならきちんとした環境で飼うのがベストっすね・・・。どうしますかね。( ̄д ̄)」

店員は持っていた丸い大きな器で水槽の水面をかけまわしながらじれったそうに、何だかさっきよりもするどい視線に変わってひとしの返事を待っていた・・・。

なんだかだんだん、ぐずぐずしていると店員さんがしまいにしびれを切らしてしまいそうな感じがしてきたので、ちょっと考え込んでしまうひとしだったが、せっかくここまではるばる来たのだから何か買って帰りたいという欲望が勝ったのと、きまずくなってこれから来ずらくなるのも嫌だったので、少し強引に願望するように・・・。

ひとし
「でも、やっぱり取り合えず、家で飼ってみます。部屋は窓閉めればたぶん、あったかいと思うので。大きめの2匹ぐらいお願いします・・・。」

店員さん
「いいですか?入れて!(*^_^*)」

店員さんは別にいやな顔をみせず笑顔をつくるとひとしのいうとおり、指でさしたカエルをたもですくってくれようとした。が、かなり、すばしっこくってなかなか網に入らなかった。

結局、20分近く粘ってもひとしが御指名したカエルはつかまらなくて、だいたいの大きさのカエルを三匹、(一匹小さめのをサービスしてくれた!)ビニールに入れてもらって会計を済ませた。たまたま店内にひとししかお客がいなかったのが幸いで店員さんにさほど罪悪感を感じなくてすんでひとしの多少なりとの、良心もほっとしていた。

ひとしもこれと言ったら聞かない頑固なところがあるから、でもやはり、親身になってくれた人の良い店員さんに、自分のわがままで困らせて申し訳なかったと胸が痛んだ・・・。

レジでカエルの入った袋を受け取ると柱の壁に特定外来種、飼育禁止と書かれたポスターが目に入って、その中にひとしが以前店に来た時いた、青色のザリガニも書かれていた。(レッドクロウブルーロブスター)、オスのハサミの両手の端に赤色の模様のある大型のザリガニだ。

ひとし
「(結構前に小さなやつを飼っていた事があったけど飼えなくなっちゃったのかな。ブラックバスにブルーギルまで・・・。お父さんとよく河原で捕まえてたっけブルーギルって熱帯魚みたいでおしゃれな感じがするんだよね。1,000万以下の罰金ってどんなんなの!どんなけの罪なんだよ!絶対払える人いないし!\(◎o◎)/!)」

店員さんに何気に話しついでに聞いてみると、

店員さん
「だいぶ規制が厳しくなってきたからね、海外の熱帯魚とか動物とか、何気に案外きついの多いっすからね、これからもじょじょに飼えなくなるものがどんどん増えてくかもしれないっすね!(^ω^)」
とレジ前で煙草に火をつけながら苦笑いで優しく話してくれた。

ひとし
「(ああ、歯医者の神山とは大違いだな、やっぱりお客相手の店員さんはこうじゃないと!)」

ひとしは今日初めての安らぎとぬくもりのふれあいを感じたのか少し安心した表情を見せた。
だが、心で精神のバランスをとりながらも、今までかかわってきた人たちの後遺症のせいもあるのか、まだなかなか素直には心を開けない自分がいた。

が、その時ひとしは、神山の歯医者でとんでもないハプニングに気づいた・・・。

習字の手提げカバンの中やズボンの前ポケットを何かしら交互に探り始め、店員さんが気にかけるようにタバコをふかしながら・・・。

店員さん
「どうかしやしたか~。( ̄д ̄)」

なんだかあせりを隠せないひとし・・・

ひとし
「だ、だいじょうぶです。こっちの事で、ちょっといろいろありまして・・・。Σ(゚Д゚)」

言葉がごっちゃになりながら、レジ前の時計がもう4時半を回っているのにきづくと、ありがとうございましたと店員の口よりも先にお礼を言って店を速足で出て行こうとする。背後から店員さんが「あざ―した!」とヤンキーっぽい声が返ってきた。

再度振り返って動揺するように、会釈をして出てくる時、レジのテーブルの端にいくつかのコップに入った、赤や青の花びらのような魚が目に入った。ベタという闘魚で、オス同士で死ぬまで戦うと言うやつだ。

「そういえば家で前飼っていたエンゼルとかもお互いつつきまわしたりしてなわばり争いのような行動が激しかったな~!」と思考がバタバタしながらもひそかに思い出した。

ひとしは何か考えてなきゃどうにかなっちゃいそうな真っ青な顔をして急速に思考を回しながら頭の中で気をまぎらそうどうでも良い事を考えてズボン全体のポケットにかわりばんこに手を入れて・・・。

ひとし
「(な、なんか、魚の世界って人間みたいにすさまじい感じがするな~!弱肉強食の社会、嫌だよな~それ~!(>_<)確か一年の頃、理科の山岡にテストで間違えてそう書いてぺけ打たれたっけ、答えは食物連鎖とか、どっちも答えなんか大差ないじゃんか!あんな先生が今年の担任なんてほんとどうなっちゃうんだろ!(+_+))」

熱帯魚と理科と新任とパニックがいつのまにか頭でごっちゃになって、わけわからなくなりながらひとしはすっかり日が落ち始めてひんやりとした空気が流れる外で歩道の端に止めてある自転車まで小走りで走ってきてカバンと買ったカエルの袋を前かごに放り込むと、ようやく思考が停止したように下を向いて・・・。

ひとし
「(保険証がないや!どこにもΣ(゚д゚lll)ガーン)」

さっきまでうなぎのぼりだった気分がひとしは急速に冷めていくのがわかった。
タグ
投稿日 2018年09月14日
20:36:55

ワタリドリさんの新着お絵かき/イラスト

それでも太陽は赤く染まる!第2 それでも太陽は赤く染まる!第2 それでも太陽は赤く染まる!第2 それでも太陽は赤く染まる!第2
それでも太陽は赤く染まる!第2 それでも太陽は赤く染まる!第2 それでも太陽は赤く染まる!第2 それでも太陽は赤く染まる!第2

ワタリドリさんの新着日記

もっと見る

外部に公開されていないたくさんのイラストや日記があります。

イラストや日記をもっと読むためには、会員登録(無料)が必要です。